サルデーニャ便り

イタリア・サルデーニャ島から、あれやこれやの徒然日記をお届けします
サルデーニャ便りスポンサー広告 ≫ Iさん久しぶりのサルデーニャ その3サルデーニャ便り2017 ≫ Iさん久しぶりのサルデーニャ その3
0

Iさん久しぶりのサルデーニャ その3


 最終日。カリアリに行くまでにIさんが以前訪れて感激し、ぜひお友達にも見せたい、
 と言われた銅と織物の博物館へ。以前来られた6年前は博物館が出来てホントにすぐ
 だったのでまだ完成していないブースもあったんだ。

 織物のブースでは昔からの伝統的な羊毛を使ったものに加えて銅の博物館とあって
 なんと銅糸を使った織物が飾ってある。金糸、銀糸を使ったものは日本でも見かける
 けど銅糸は珍しいのでは?実は私も6年前にこれを見て一目惚れ、小さな壁掛けを
 オーダーしたんだよね。

 それとびっくりしたのはその織り方が裏を見ながら織ると言うこの村独特な方法!
 普通にでさえ難しいのに裏から織るとは。。。表がちゃんと出来ているかは鏡を
 使って確かめたらしい。残念ながら昔はたくさんいた職人さん、残念ながら今は
 たった一人、後継者もないそう。

  museo del rame con signore
   カラフルな毛糸玉で飾られたドア、素敵でしょー(写真左)
   織物のブースは5つの部屋に分かれていてそれぞれに説明書をもらえる
   プラス作品展示の部屋、廊下には展示作品の製図も展示してある
   銅のブースは3つ、写真以外にもまだまだ見所はたっくさん!

 以前はまだ完成していなかった銅のブースでは鉱山から掘り出した銅の塊をどの
 ようにしてお鍋などに仕上げるかをビデオで見られ、もちろん様々な銅の作品も
 展示。作業所まで再現 してあり、見所満載!織物同様、銅細工もたくさんいた
 職人さんが一人になったって。。。幸いこっちは息子さんが二人後継者として
 修行中だとか。どっちも途絶えてしまうのはすごーく残念!時間と根気の要る
 作業は今時の若者には無理なのかなぁ〜。
 
 今回もIさんは感極まって思わず涙ぐまれたほど素敵な博物館なんだけど、まだ
 あまり知られていないのが残念。ぜひサルデーニャに来られた際には寄ってみて
 下さいねー。
  Museo del Rame e Tessuto 
 
 久々(4年ぶり?)のIさんのサルデーニャ滞在、次回はもっと早く会えますように!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。