サルデーニャ便り

イタリア・サルデーニャ島から、あれやこれやの徒然日記をお届けします
サルデーニャ便りスポンサー広告 ≫ レディシェフ・トニアさんの訃報サルデーニャ便り未分類 ≫ レディシェフ・トニアさんの訃報
0

レディシェフ・トニアさんの訃報


 4月23日、サルデーニャの偉大な女性シェフ・トニアさんが天に召された。
 87歳を迎える目前だった。
 彼女に最初に会ったのは約7年前、日本から長寿の取材のアテンドを頼まれたときで
 すでに80歳を迎えようとしていた彼女だがまだまだバリバリの現役シェフで農家の
 お屋敷を改装した生活博物館&ホテル・郷土料理レストランを仕切っていらした。
 
 それからも度々彼女のお料理を食べに行ったり、イベント会場で会ったり。そう、
 レストランで腕を振る舞うだけでなく、料理教室を開いたり、いろんなイベントに
 参加したり、、、とお歳を感じさせない精力さと元気さでいつお会いしても圧倒
 されたものだ。

   signora-Tonia-1.jpg
   signora-Tonia-2.jpg
        *写真はカメラマン山口規子さんによるもの

 ここ1年ほどご無沙汰してしまっていたのでどうされているかな、と思っていた
 矢先に友達から彼女の訃報が載っている地元新聞を見せられた。。。
 新聞には島はまた大切な宝物をひとつ失った、と書いてあった。
 
 働いている人にとっては厳しく怖いご主人だったようだけど、私のことはいつも
 子供のようにMia Giapponesina(私の日本人ちゃん)と呼んで手作りのパンや
 お菓子をくれた。どうして1年も会いに行かなかったのか、まだまだ教わりたいことが
 いっぱいあったのに! 

 トニアさん、いろんな思い出をありがとうございました、安らかにお休みください。
 でもきっと天国でも自慢の料理に腕を振舞っているんだろうな。。。 

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。